相談したい内容

税理士に会社設立を相談する場合には、一般的にその後の会社経理に関して、税理士に依頼することになります。そのため会社設立の相談を行う場合には、設立したことの経理に関しても相談を行うことになります。個人経営の場合と会社経営の場合には、ほとんど同じ記帳などを行いますが、申告に関しては大きく異なります。そのため会社経理に関しては申告手続きまで相談を行う必要があります。

会社設立前に相談する内容としては、定款で定める必要のある資本金額や事業年度そして株主の構成があります。資本金額によって適用される特定中小企業者等又は中小企業者等に対する特例措置が法人税法ではあるため資本金額の設定はとても重要です。事業年度に関しても、希望する事業年度と相談する税理士の事務所で対応可能な決算月の関係があります。

割と法人の場合には3月決算の5月申告を採用する企業が多いため、この事業年度に関しては、希望に添わない場合があります。そのため相談をするときに必ず確認しておくようにしましょう。株主構成に関しては資本金の出資金額の兼ね合いもあり、発起人として株主となる人もとても重要なものになります。これらの相談を行う場合には、税理士に相談するのが1番良い選択です。

You Might Also Like