税理士に相談する

会社設立に関しては、会社設立に関するメリットやデメリットを理解して行動したいものです。資金調達の面では、会社設立をして法人として融資を受ける方が、金融機関にとっては借入の承認が通りやすいという特長があります。そのため資金面においても会社設立はメリットがあります。他の会社と取引を行うときに、こちらが個人事業者の場合には取引をしてもらえないこともありますので、取引の面でも法人の方がメリットがあります。しかし、デメリットも存在しています。

法人の場合には、所得が赤字であっても法人住民税に関して均等割の支払いが必ずあります。これは個人経営と大きく異なることになります。会社設立をした場合には、社会保険への加入が義務付けられています。会社によっては、社会保険の負担が大変なため社会保険の加入をしないなど、福利厚生面で不満の残る会社もあります。そうすると、社員に対する信頼度が低下することになります。また、事務負担の面で関しては明らかに増加することになります。申告事務の手続きや社会保険等の手続きも複雑で、その後事務負担が増大することになるので、専門家に依頼する必要があります。

会社設立ではこれらのメリットとデメリットがあるため、会社設立をすることが正しいのか判断に迷ってしまうことがあります。こんな時に相談できるのが、税理士になります。会社の設立から日々の経理まで全面的に依頼することになります。会社設立を考えたら、税理士に相談をしてアドバイスを受けることが、その後の会社経営にもプラスになります。税理士に相談する会社設立について次のページから説明します。

You Might Also Like