相談する状況

会社設立を考えているときに、どのような状況で税理士に相談すれば良いか迷うことがあります。個人経営を行っていて、既に税理士に日々の帳面指導や申告事務を依頼しているときは、個人経営の業績が右肩上がりとなることで、税理士から会社設立の話がでる場合があります。経営が順調であれば、経営者から相談することもあります。どちらの状況であっても、個人経営が順調であれば節税の面からも会社設立を考えることになります。

特に所得税や消費税そして住民税の個人負担に比べると、会社による法人税や消費税や住民税の負担が少なくなります。そのため相談する状況としては、今後も所得が増えることで納税義務の負担が増える場合には、会社設立を考える状況だといえます。また、このような状況になっている場合には、経営者から相談を行わなくても優秀な税理士であれば提案をしてくることになります。

会社設立のタイミングの理解ができていない税理士に相談をしても意味がなくなります。そのため、違う税理士に依頼するタイミングを考えているならば、この会社設立の状況が1番良いタイミングと言えます。まずは、納税額が増えていく場合には会社設立の状況だといえます。

You Might Also Like